バイク好きがバイク整備士になるまでの道のり

どういう仕事

バイク整備士、つまり二輪自動車整備士になるにはどうすれば良いのでしょうか。

 

そもそも二輪自動車整備士とはどういう事をする人の事を指すのでしょうか。

 

バイク整備士はバイクが公道で安全にそして安心して走ることが出来るように、バイクを点検したり整備したり異常があれば修理する技術者のことです。

 

電気系統、ステアリングやチューニングやブレーキなどを調整することは勿論のこと、エンジンや操縦、駆動系などの装置関係や燃料周りを点検し、異常があれば分解して交換してくれます。

 

車と違ってバイクを生活の必需品として考えている人は多くなく、趣味としてバイクに乗っている人がほとんどです。

 

そのため、様々なこだわりをバイクに持っている人が多くいて、バイクの走行のクセなどの要望を求めてくる人が沢山います。

 

そのため、最近のバイク整備士はそういった細かい要望にもこたえる事が求められています。

 

また女性でもバイクに乗る人が増えてきましたので、女性のバイク整備士もそれに伴って増えて来ました。

 

女性の気持ちが分かるのは女性と言う事が言われていますが、女性ならではの決め細やかなサービスをしてくれるのが女性のバイク整備士です。

 

バイク整備士になるには国家試験に合格しなければいけません。

 

最近では少しずつ女性でも受験する人が増えて来ましたが、それでもまだまだ男性の受験者の方が多くいます。学科試験と実技試験に分かれています。

 

燃料や材料などの用途といった知識が問われる問題が出題されます。

 

難しい試験ですので多くの勉強時間が必要になります。

国家試験を受験しなければいけない

バイクを趣味にしている人は多いと思います。そのため、自分のバイクを自分でメンテナンスできるようになりたいと言う人も増えてきて、バイク整備士を目指す人も多いかと思います。

 

では一体バイク整備士になるためにはどうすれば良いのでしょうか。バイク整備士になるためには国家試験に合格しなければいけません。

 

実技試験と学科試験に分かれていて、学科試験ではバイクの構造やバイクの機能や取り扱い方法に関する一般知識の他、バイクの検査方法や計量器や工具の構造機能、燃料油脂や材料の用途や性質、特徴などの知識が問われます。

 

実技試験においてはバイクを点検し、分解から組み立て、調整という一通りの流れの他、修理や工具の使用についての技術力が問われます。

 

整備士のための専門学校等でこういった知識や技術を身につけてから国家試験を受験する人がほとんどです。

 

また、国土交通大臣が指定する専門学校を卒業した人には、二級のバイク整備し試験の実技試験が免除される仕組みになっています。

 

多くの人は二級の資格を取得した後に、整備工場やバイクのメーカー、バイクショップなどに就職して、その後で整備士として活躍しています。

 

皆さんもバイクを趣味にしているのであれば、是非バイク整備士の資格取得も目指してみてはいかがでしょうか。

 

自分のバイクなのですから、きめ細かい調整をしたいですよね。最近では女性でもバイクを趣味にしている人が多く、女性でもバイク整備士を目指している人が増えて来ています。

 

バイクを趣味だけでなく整備も出来たら素敵ですよね。